最新のGoogleマップには、3Dの画像表示や目的地までのルートの自動設定など、さまざまな機能が盛り込まれています。しかし、それらの機能が追加されるにしたがって、Googleマップの地図としての使い心地が落ちてきたという意見も聞かれます。

具体的には、「地図が重くなってドラッグや拡大時に時間がかかるようになった」、「ストリートビューの表示が遅くなった」といった意見です。

Googleマップに新しく追加された機能の多くは、誰もが常に利用するものではありません。しかし、OSやブラウザなどの要件が満たされている限り、自動的に“全部入り”の完全版が使われるようになっています。

これに対して、以前のGoogleマップのように3D機能などを持たず、軽快な動作ができるのが「ライトモード」です。ライトモードでは、完全版のGoogleマップが備える以下の機能がサポートされていません。
 

ライトモードで除外された機能

・3D 画像や Earth ビューの表示
・地図上でのバソコンの位置表示
・自宅や職場の住所の設定
・付近の検索、場所間の距離の測定、座標の取得
・ルートのドラッグ機能
・地図の埋め込み
・車両への場所情報の送信
・Google マップでのマイマップの使用
・Google マップの地図データの問題の報告

これらの機能が省かれているので動作が軽く、完全版では画像の表示に時間がかかるストリートビューなどでも心地よいレスポンスが得られます。
 

ライトモードの使い方

6-0

起動したGoogleマップの右下に、稲妻のようなアイコンが表示されていれば、ライトモードへの切り替えは簡単です。このアイコンをクリックして、その後に表示される画面から「ライトモードに切り替える」を選べばOKです。

もし、稲妻マークが表示されていない場合は、以下の方法でライトモードへの切り替えが可能です。
 
●STEP1:

6-1

Googleマップを起動し、左上のアイコンをクリックしてメニューを開きます。

6-1b

そして、「ヘルプ」を選択します。
●STEP2:

6-2

キーワードで検索できるようになるので、検索窓に「ライトモード」と入力して検索を行います。そして、「ライトモード」の説明項目を表示します。
●STEP3:

6-3

リストをスクロールして「ライトモードでマップを使う」を表示させ、クリックします。これで、地図がライトモードに切り替わります。

●STEP4:

6-4

ライトモードから通常モードに切り替えるには、ライトモードの地図右下に表示されている稲妻アイコンをクリックし、「通常のマップに切り替えられます」の表示をクリックします。